お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0120-422-388
受付:9:00~18:00
(土・日・祝日休み)


FAXでのお問い合わせ 03-5620-3877
<24時間受付>
FAX相談シートのダウンロード


メールでのお問い合わせ こちらから
<24時間受付>

中古機械をお探しの方

中古機械.COMでご確認下さい!
tyuuko-kikai.com

中古機械を売りたい方

機械買取.COMでご確認下さい。
kikai-kaitori.com

プラスチックパレットをお探しの方

プラスチックパレットについてのお問い合わせ
pallet.co.jp

ベトナムでプラスチック成型工場をお探しの方

ベトナムでプラスチック成型工場についてのお問い合わせ
koei-toda.co.jp

ベトナムで資材や機械をお探しの方

ベトナムについてのお問い合わせ
koei-vietnam.com

ベトナムで実習生をお探しの方

ベトナム実習生についてのお問い合わせ
vietnam.co.jp

プラスチック物性

プラスチック製品

材料選定の手引き

製品の樹脂化について

樹脂化のメリット
樹脂選定のポイント

代表的な樹脂の特徴はこちらをご覧ください>>代表的な樹脂の特徴ページ

弘英産業は使用用途に応じたプラスチック成形材料の御提案をします。

プラスチック成形材料の着色

プラスチック成形材料の着色は、一部の特別な材料、あるいは特別な色を除いてご希望の色に着色することが可能です。
但し、プラスチック成形材料着色は全て専門メーカーの分野でありますので弊社も着色に関しては提携着色メーカー(後に記載)に依頼しております。

着色の方法

プラスチックに色を着けるには次の方法があります。

1.ドライカラー着色
指定した色に合わせた染顔料をプラスチックの原色に混ぜ合わせて成形します。成形終了時に希望色にて仕上がっています。
2.リキッドカラー着色
ドライカラー着色と同様の用法ですが、ドライカラーは粉末状であるのに対しこちらは液状の染顔料です。ドライカラーは粉末飛散の心配がありますが、こちらはありません。
3.ペレ着色
1.2と同様の用法ですが1が粉末、2が液状に対してこれは固形です。
染顔料のみを凝固させて液状にしてあります。1.2がタンブラー(材料とカラーを混ぜる機械)内側に顔料が付着し、作業終了時に洗浄しなければなりませんが、これはその手間が省け、かつ染料飛散の心配がありません。
4.マスターカラードペレット着色
通称マスターバッチ着色と呼ばれています。
用法は3と同様ですが、3は染顔料のみを凝固して作ります
(MCP) がこれは材料の中に染顔料を濃縮(10倍~100倍)して生産し、その倍率に応じ(10倍であれば材料10:MCP1)3と同様の用法にて生産します。
5.ファクトリーカラー
1~4とは全く異なった着色方法ですが、一番多く利用されて
着色 いる着色方法で、前述の着色メーカーによって材料全体を希望色に着色する方法です。
色の安定性、作業性は最上ですが、価格は着色方法の中では
一番高く、納期については2~4週間と一番長くかかります。

プラスチック成形材料着色適正

  色安定性 安全性 価格 納期 単価(着色/kg) MIN/LOT 材料○○ 受注後納期
1 20~40 1u/t 50kg 7日間
2 30~50 1u/t 50kg 14日間
3 30~50 20kg 500kg 14日間
4 ○~△ 20~100 25kg 500kg 20~30日間
5 50~200 25kg 25kg 20~40日間

プラスチック成形材料別着色方法

樹脂名 ドライカラー リキッドカラー ペレ MCP FC
PS・AS・ABS
MMA × × × ×
PP・PE
POM
PC × ×
PA × ×
その他エンプラ × × × ×

プラスチックの着色の選定と納期

希望する、あるいは指定する元見本が必要です。
(DIC.№マンセル記号のみで色指定することは出来ません。)
元見本をお預かりした後、弊社指定着色メーカーによりサンプルプレートを提示し
お客様の承認をいただき、その上で色を決定し、その時に色番号を同時に決定します。
ご注文は材料名とその時決定した色番号により指示いただきます。その後の納期は前期適性の受注後納をご参照下さい。

弊社提携プラスチック材料着色メーカー

メーカー名 工場
相和産業(株)
ヘキサケミカル(株)
豊産業(株)
濤和化学(株) 
(株)カワイ
ピーシー化成(株)
神奈川県相模原市
千葉、大阪、タイ
埼玉県三郷市、マレーシア
埼玉県春日部市
東京都、茨城県
栃木県木蓮川市