弘英産業株式会社

お電話でのお問い合わせは 0120-422-388 平日9:00~18:00

取扱製品 PRODUCT RANGE

ホーム > 取扱製品  > プレスリリース  > プレスリリース 2012/11/23週刊Vetter 弘英産業ベトナム工場を本格稼働

プラスチック成型材料

<<一覧に戻る

商品コード: 2211023

プレスリリース 2012/11/23週刊Vetter 弘英産業ベトナム工場を本格稼働

販売価格(税抜): 別途ご相談

プラスチック成形品等を扱う総合商社弘英産業(本社・東京都江東区)がベトナムのプラスチック事業を加速する。南部ビンズン省にて同社のベトナム法人コウエイベトナムと、トダインダストリアルとの合併会社、コウエイトダインダストリーズが2012年10月より新工場を本格稼働した。同工場では輸出用ワンウェイパレットを始め、安価なコンパウンドプラスチック製品を中心に製造する。
弘英産業は1986年の設立以来、順調に売上を伸ばしてきた。同社の2012年28期の売上は約23億円に上り、国内市場だけでなく、今後はアジア市場を視野に入れ、海外展開を積極的に行う予定だ。その第一歩として、中国、タイに比べ安価な労働力と、成長性を秘めたベトナムで、事業基盤の拡大を図ることを決めた。こうした中、長年培ってきたプラスチックリサイクル技術と独自のネットワークを駆使し、ベトナム国内で日系初となるプラパレットメーカーを設立した。
10月に本格稼働した新工場では主に輸出の際に使われるワンウェイパレットの製造に着手する。ベトナムは木材製品大国でプラスチック製品のシェア率は20%と依然低いが、国内や近隣諸国での森林伐採が問題視されているため、今後はプラスチック製品への移行が予想されるからだ。

特化を可能にする。また、着色加工や異形押出品など用途に合わせた多様な製品製造も可能だ。環境保全の点でも優れた製品として注目を浴びているという。

■ 顧客の多様なニーズに対応

また海外展開をしている日系企業にとって気になるコスト、品質面でも同社は顧客の要望に応えられるよう務めている。「我社の工場では日本製の機械での製造及び、技術も継承するため、高品質な製品の製造が可能。またベトナムでの現地調達により、日本国内企業よりも安価に製品を提供することができる。」と大石社長は強調する。

■海外展開を拡大

コウエイトダインダストリーズは2012年8月に設立されたばかりだが、今後はベトナムでの展示会等を通し、認知度を上げ、ハノイ、ダナンにも新工場を作ることで事業拡大を狙う意向だ。「ビンズン省での工場稼働は第一のモデルケース。短期での工場稼働が可能であることがこれで証明できた。今後もさらなる事業展開をベトナムで行なっていきたい。」(大石社長)日系企業の進出がめざましいベトナムで輸出を影からサポートする同社の今後に注目したい。

プレスリリース 2012/11/23週刊Vetter 弘英産業ベトナム工場を本格稼働

画像を拡大する

関連カテゴリ  プレスリリース

お電話でのお問い合わせは 0120-422-388 平日9:00~18:00 メールでのお問い合わせ

〒135-0022 東京都江東区三好4丁目6番2号弘英ビル4階
電話:03-5620-3888 FAX:03-5620-3877

Copyright ©2014 Koei Industrial Co.,ltd.All Rights Reserved.